Neil Young Prairie Wind/Ryman Auditorium show レビュー

2004年FOLKTrain 同窓会写真集

☆ニール・ヤングの魅力
☆Greedale アルバムレビュー
☆死神が待ったをかけた男Warren Zevon

☆CSN&Y物語
 

☆ニールとグラスゴー

☆バンドの思い出  フォークトレイン同窓会
☆思い出のクラシックロック・アルバム
☆HIROKOのビートルズを求めて?千里

   
    ☆クリス君お勧めのMUSIC SHOP
    ☆IT’S GOT BE ENKA
   
ニールとグラスゴー
 

久方ぶりに「YESTER YEAR OF THE HORSE」を見ていた。
こいつはニール・ヤングのブート・VIDEO(裏で出回っているVIDEO)で、日本のファンなら泣いて喜ぶ
1976年の武道館からライブ映像はスタートしている。
1976年。
まだまだ禿げのない若々しい長髪の元気なニールがそこにいる。
 

画面はロンドンは伝説のハマースミスのライブに移り、そしてスコットランドはこれまた伝説の今は無きアポロ
シアターのライブが映し出される。
そして最後の極めつけは?
何とニールはスコットランドの第二の都市グラスゴーのセントラル駅でバスカー(ストリートミュージシャン)
をやっているのである。
グラスゴーにはロンドンから乗り入れ、オーバンやフォートウィリアム、そして西海岸への乗り入れのセントラル・ステーションと首都のエジンバラやハイランドからの乗り入れのクィーン・ストリート・ステーションの2つの国鉄の駅がある。
hirokoも何度もこのセントラル・ステーションにはお世話になっているのだが、今でもここを通るたびに、このあたりに
ニールが座っていたんだよなぁ。と感慨が込み上がってくる。
スコットランドにはこうしたバスカーがいたるところにいて演奏しているのであるが、勿論セントラルステーションでバスカーといっても珍しいことではない。
だが、やっているのはニール・ヤングなのだ。
ニールはそれらしきとわからない姿で大きな背を曲げてうずくまるようにして「Old Laughing Lady」を唄う。
当時の通勤客の服装が時代の古さを物語るなか、誰も彼がニールだとは気付かない。
アマチュアにしては上手やなぁ。。。ってな感じで聞き入る若者に混じっておじいちゃんやおばぁちゃんが立ち止まる。
やってるニールは楽しくてたまんない様子である。
ニールの前にギターケースを広げて人々はその中にコインを投げ込んでいく。
この日幾らニールが稼いだのかは知らないが、こういうおちゃめをやってのけている。
そう、ニールはグラスゴーが大好きなのだから・・・・

グラスゴーという街はスコットランドのウエストコースト。
人々は底抜けに明るく、ラフなエリアも存在するが、人間味溢れる活気のある街である。
外タレミュージシャン達はこのグラスゴーで演奏するのが大好きなのだ。
そしてここにはアポロシアターという当時の音響設備が完璧に整った素晴らしい劇場が存在した。
グラスゴーの観客は耳が肥えていて、野次やジョークも飛ぶが観客とミュージシャンのコミュニケーションが素晴らしいってな訳でこのグラスゴーのライブを収録し、ライブ版として売り出すミュージシャンは数多いと言う事実が物語っていうる。
アトモスフィアーは最高だ。
こんな訳でニールはグラスゴーにやってくると今でも「アポロはどこだ?」とジョークを言い放つ。

さて、このグラスゴーからは多くのミュージシャンやタレントを輩出している。
伝説のクリームのベーシストのジャック・ブルース、フェイシズ、そして今はローリングストーンズのロニー・ウッド、
シーナ・イーストンetc...新しいところではテキサスやTRAVIS、コスミックラフライダーズ、ティーンエイジファンクラブ等等。
そしてニールと最も関係の或る人物、Bert Janschがここグラスゴーの出身である。
ニールにとってBert Janschは最も尊敬する大好きなギターリスト。
かの名曲「The Needle And the Damege Done」はこのBertの曲からヒントを得た作品と言われている。

2001年6月のグラスゴー公演。
移り行く時代、移り行くグラスゴーをニールはどう見たのだろうか・・・・・
 
 
 



 

クリス君お奨めのMusic Shop ONE-UP

By Michael in October 1996

ONE-UP,
17 Belmont St,
Aberdeen,
Scotland

TEL : +1224 642 662
FAX : +1224 646 560

問い合わせは : Fred Craig まで

アバディーンで最もフレンドリーで、専門知識を備えている小さいながらも大人気の MUSIC SHOP。ここのFRED君とは友達なんだ。日本の皆さんの為に、メール・オーダー 可能だよ。

他の店よりも値引きしてくれるし、日本で入手困難なスコットランドの伝統音楽なんかも 豊富に揃ってる。店にストックがなくても、即座に入手可能だから安心して!

とりあえず、欲しいCDなんかあったら、リストを作ってFAX入れてくれたら、 折り返し価格を記入して送り返してくれるよ。何か新しい新着情報なんかも彼ならば いち早く入って来るから、注文の有無を問わず、質問も受け付けるからコンタクトして みては?実に気さくなフレンドリーな彼だから、何でも聞いてくれてOKだよ。

日本の皆さんとのコンタクトを楽しみにしているよ。
 
 

IT'S GOT TO BE ENKA

To some people music is merely a hobby or pastime.To others,it'salmost like a religion.In my case,appreciating music has always hadhealing and therapeutic qualities for the listener.This is my philosophy.
As far back as I can remember,music has always been a big part of mylife.Listening to different styles,from different countries.
This is my limited personal homage to the Japanese sound.
My current favourite is a band called Gestalt.A new name to me.
Band member Yoshimoto Tatsuya was kind enough to send me a demo tape,
later followed by their new C.D. called Gomorrha vs Khan.He lives in Anjo city and
plays keyboards.Gestalt has a definite progressive rock base.Something you don't hear so much these days.Nevertheless,they still manage to achieve a contemporary sound.Interesting band.
Please listen if you get the chance.Definitely recommended.
Obviously,before I met Hiroko accessability to Japanese music was rather
limited.Since that fateful meeting,things have improved,just.

First recollections.
Growing up in the U.K. I was hearing stuff like the Beatles and theRolling Stones on the radio.My own knowledge of Japanese music waslimited to the traditional sounds of shamisen,shakuhachi,and koto.
Several years passed.Pre adolescent listening was Yes,Led Zeppelin,Deep Purple,ELP many other bands,but nothing from Japan.Quiet.
Then one day a surprise.I came across the Sadistic Mika Band on T.V.
During the 1970's a weekly rock show called The Old Grey Whistle Test was broadcast.This was my introduction.My first impression was a strange
looking Japanese band with a funky sound.They would have been promoting
the Hot Menu album all around Europe,achieving only a very short term
cult status,then vanishing quickly.Hiroko was also a fan.

Next up Yellow Magic Orchestra.I can still remember seeing their strange
album covers in the record shop.Unfortunately,expensive import prices
prevented closer inspection.Years ahead of their time,and definitely
an acquired taste in the WesternWorld.Although Sakamoto Ryuichi would go on to achieve international fame Hosono Haroumi was the realbrainsbehind YMO.
In years to follow I would learn to love the YMO/Sakamoto sound.
Around 1980 two more bands came my way.Sandii and the Sunsetz and The
Plastics featuring Tachibana Hajime on guitar.Then,it went quiet again.

In 1984 at 24 years old,I was listening to so much music.A Japanese duo
are just starting to attract attention.They are the Frank Chickens
featuring Hohki Kazuko.Live shows,radio and T.V. are to follow.
Unaware to myself,but a new sound was emerging from Shibuya.Hosono
Haroumi created a new label Non Standard.Unsuccessful as it was,
this label was still instrumental in the emergence of Towa Tei,Tachibana
Hajime,and Yasuharu Konishi.These people would lead me on to Pizzicato Five.
A new Japanese sound coming after a lengthy silence.Sometimes a little
too cute for my taste.Around this period I was hearing labels of Japanese
clubpop.What did this mean?Well to me it meant Fantastic Plastic
Machine and Cornelius.Oyamada Keigo chose to call himself Cornelius
after the Planet of the Apes movies.His third C.D.Fantasma was the first one
to be released in Europe.Pure pop psychedelia.
I like his sound.On a recent visit to Scotland I wrote him a fan letter.
No reply of course.Not to worry.
Well.These are some of the sounds I heard before visiting Japan.Some good,
some not so good.
On two subsequent visits,I have learned to love Speed,Puffy,
and the Bahun King from Sapporo.Who will be next?I don't really know.
A favourite!Well,it's not Godzilla soundtrack or VowWow.It's got to be...