思い出のクラシックロック・アルバム
 

 

音楽との出会いは、多分母親の体内に宿っていた頃から始まっていたと思う。

何せ母は「エルビス・プレスリー」の大ファンだったので、おぎゃぁと生まれた頃から洋楽の環境は整っていた。
いつだったか、学校から戻ってくると母が泣いていた。
泣きながらドーナツを食べている。
母が泣くとは・・・と、びっくり仰天しながら、どーしたん?と聞くと「エルビスが死んだ」と言う。
そのエルビスの大好物がドーナツだったわけである。
そーか、ドーナツが好きだったんで、あんなにブクブク肥えたんやな。。。と思いながらも、泣きながらドーナツ食って美味しいんかいな?と不思議に思っていた。
その時は母を笑ったが、母にとっては青春時代の思い出だったのだ。

後年、ビートルズのジョン・レノンが亡くなった。
そのときはhirokoも泣いた。
バンドの仲間とロウソクを灯して、冥福を祈りながら「イマジン」を歌った。

元来のhirokoはクラシック音楽に夢中だった小学生時代。
チャイコフスキーやサンサーンスをよく聞いていた。
ところが、ふとしたことからビートルズのLET IT BEの素晴らしいサウンドが耳の鼓膜、脳みそ、胸の底にしっかりと焼きついてしまった。
それ以来、hirokoはビートルズをこよなく愛するようになる。
中学時代、いろんな仲間からLPを交換し合ったりして、ビートルズをベースにテリトリーは広がって行った。

高校入試に合格したらギターを買ってやる。と父と約束して、無事にギターを手に入れた。
ヤマキの1万2千円のフォークギター。
これが始めて持つギターだった。
当時ギターを手にしても弾ける曲なんてなかった。一番最初にマスターしたのが、吉田拓郎の「結婚しようよ」
確かCとGとAmの3つしかコードがなかったはずである。
ピックを手にジャカスカ練習する。だが、ジャカジャカのストロークと3つのコードだけではあまりにも芸がない。
アルペジオ奏法も加わってかぐや姫やイルカなんかを練習した。
この頃「角砂糖」という女のコ3人のバンドを結成し、かぐや姫やイルカ、そして大胆にもオリジナルなんかを作って
練習に励んでいた。

高校に入学し、軽音楽部でrockをという夢は無残に消え去った。
田舎の高校だった母校にはROCKを楽しむ環境やクラブは備わっていなかったのである。
ひたすら、「角砂糖」でじゃかすかと鬱憤を晴らす毎日だった。

大学に入学して真っ先にやったこと。
それは時間割を組みたてるよりも大切なROCKが出来るクラブを探すことだった。
京都産業大学の「フォークトレイン」というサークルに入部し、思い存分、ROCKをして音楽を楽しんだ。

秋の夜長、冬の冬眠期間にはふとしたことから大昔のrockアルバムを引っ張り出して、懐かしの音楽に酔いしれたい時がある。
アルバム1枚1枚には、その時折の思い出が詰まっている。
日記を紐解くような恥ずかしさと懐かしさが込みあがってくるものだ。
青春時代には感性がぐんと研ぎ澄まされていた。
毎日毎日同じ曲をレコード版の溝が磨り減るほど聞いても飽きることなどなかった時代。
ふと自分の年輪を感じてしまいながらも、アルバムと共に今まで歩んできた道のりを振り返ってみた。

ここにはhirokoの青春が一杯詰まっている。



 

*BEATLES*
Rubber Soul
1.Drive my Car                                         8.What goes on
2.Norwegian Wood (This bird has flown)    9.Gir
3.You won't see me                                  10.I'm looking Through You                                             4.Nowhere Man                                        11.In my life
5.Think for Yourself                                  12.Wait
6.The Word                                              13.If I needed someone                                                   7.Michelle                                                14.Run for your life

ビートルズのLPはすべて揃えていた。
毎日がビートルズで始まりビートルズで終わった中学時代前半。
中でもとりわけこのラバー・ソウルはお気に入りのアルバムである。ノルウェーの森、ノーウェアー・マン、インマイ・ライフ、ミッシェルetc・・・・今でも秋の夜長には最高のBGMだ。
 

*BEATLES*
.Sgt. Pepper's Lonely Heart's club band
1.Sgt. Pepper's Lonely Heart's club band                           8.Within you Without you
2.With a little help from my friends                                   9.When I'm sixty-four
3.Lucy in the Sky with Diamonds                                     10.Lovely Rita
4.Getting Better                                                           11.Good Morning Good Morning
5.Fixing a Hole                                                              12.Sgt. Pepper's Lonely HeartsClub Band
6.She's Leaving Home                                                    13.A Day in the Life                               7.Being for the benefit of Mr.Kite!
 
 

ビートルズの名盤中の名盤。
どの曲も素晴らしい。今聞いても時代の古さを感じさせないサウンド。
完成度の最も高いアルバムだと思う。サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド、リンゴの歌うウイズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンドがお気に入りだ。

*Rolling Stones*
Goat's Head Soup
1.Dancing With Mr. D.                                7.Hide Your Love
2 100 Years Ago                                       8.Winter
3.Coming Down Again                                9.Can You Hear The Music
4.Doo Doo Doo Doo Doo (Heartbreaker)     10.Star Star
5.Angie
6.Silver Train
 
 

ビートルズと並行して聞いていたローリング・ストーンズ。
「ヤギの頭のスープ」とこれが出た当初は何てタイトルなんや?と驚いた。
5曲目の「アンジー」はとりわけ名曲だ。ミックジャガーの心に染みとおる歌い方が好きである。
 
 
 

*Simon&Garfunkel*
The Sounds Of Silence
1.The Sounds Of Silence                 7.Richard Cory
2.Leaves That Are Green                 8. Most Peculiar Man
3.Blessed                                       9. April Come She Will
4.Kathy's Song                               10.We've Got A Groovey Thing Goin'
5.Somewhere They Can't Find Me    11. I Am A Rock
6. Anji
 

映画「卒業」で一躍その美しいサウンドトラックが注目された。S&Gの優しい音の響きとハーモニーの美しさに魅せられていた。ビートルズと並行して聞いていた。
 
 
 

*Simon&Garfunkel*
Bridge Over Troubled Water
1.Bridge Over Troubled Water            7.Baby Driver
2.El Condor Passa (If I Could)             8.The Only Living Boy In New York
3. Cecilia                                         9.Why Don't You Write Me
4. Keep The Customer Satisfied       10.Bye Bye Love
5.So Long, Frank Lloyd Wright          11. Song For The Asking
6.The Boxer
 

サイモンとガーファンクルの名曲「明日に架ける橋」は収録されている。
しみじみとしたこの曲はいろんなアーチストによって歌われてはいるが、やっぱ本物が最高だ。
ガーファンクルの天使のような優しい歌声がいい。
セシリアやボクサーも良く聞きこんだ曲だ。
 
 

*Paul Simon*
Paul Simon
1.Mother and Child Reunion                 7.Peace Like a River
2.Duncan                                           8. Papa Hobo
3.Everything Put Together Falls Apart   9. Hobo's Blues
4.Run That Body Down                       10. Paranoia Blues
5. Armistice Day                                11.Congratulations
6.Me and Julio Down by the Schoolyard
 

ポール・サイモンの初のソロアルバム。
1曲目の「母と子の絆」は今聞いてもステキな曲。
 
 
 

*George Harrison*
Dark Horse
1.Hari's On Tour (Express)          6.Ding Dong, Ding Dong
2.Simply Shady                          7.Dark Horse
3.So Sad                                  8.Far East Man
4.Bye Bye, Love                        9. It Is 'He' (Jai Sri Krishna)
5.Maya Love

ジョージ・ハリソンのソロアルバム。
シタールの音がビンビンに効いている。
SoSadやDing Dong, Ding Dongをよく聞いていた。
 
 

*George Harrison*
Living In The Material World
1.Give Me Love (Give Me Peace On Earth)                   7.The Lord Loves The One (That Loves The Lord)
2. Sue Me, Sue You Blues                                          8.Be Here Now
3. The Light That Has Lighted The World                     9.Try Some Buy Some
4.Don't Let Me Wait Too Long                                   10.The Day The World Gets 'Round
5.Who Can See It11.That Is All
6.Living In The Material World
 

インド的様子が薄れちょいとヒットを意識したかな?って感じのPOP要素の強いアルバム。
これにはハマった。
「Living In The Material World」がお気に入りだった。
 

*CREAM*
Best Of Cream
1.Wrapping Paper                 11We're Going Wrong
2.I Feel Free                       12.White Room
3.N.S.U                              .13  Sitting On Top Of The World
4.Sweet Wine                      14 Politician
5. I'm So Glad                      15Those Were The Days
6.Spoonful                          16 Born Under A Bad Sign
7. Strange Brew                  17. Deserted Cities Of The Heart
8. Sunshine Of Your Love    18.Crossroads
9.Tales Of Brave Ulysees     19. Anyone For Tennis
10.Swlabr                           20.Badge
                       .
 

ソロになる前のエリック・クラプトンの元のバンド。
12曲目の「ホワイト・ルーム」はTVのコマーシャルにも使われた。8曲目の「サンシャイン・オブ・ユア・ラブ」と共によく聞いた曲。
ベースのジャック・ブルースはスコティッシュでグラスゴー出身だということを後で知った。
 
 

*QUEEN*
QueenU
1. Procession                                 9.The March Of The Black Queen
2.Father To Son                             10.Fuuny How Love Is
3.White Queen (As It Began)            11. Seven Seas Of Rhye
4.Some Day One Day                       12.See What A Fool I've Been
5.The Loser In The End                   13Ogre Battle
6.Ogre Battle                                 14 Seven Seas Of Rhye
7.The Fairy Feller's Master-Stroke
8.Nevermore
 

クィーンのデビューは当時世間のロック・ファンをあっと驚かせたはずだ。
フレディーの何オクターブも扱える鋭い歌唱力とブライアン・メイの独特のギターテクニック。
とりわけこの2作目のアルバムはロック・オペラである。
今までこのようなスタイルはなかった。
クラシカル的な要素が詰まったフレディーの歌唱力の光るhirokoのお気に入りのアルバム。

*QUEEN*
Sheer Heart Attack
1.Brighton Rock               8. Stone Cold Crazy
2. Killer Queen                9.Dear Friends
3. Tenement Funster      10Misfire
4.Flick Of The Wrist        11. Bring Back That Leroy Brown
5.Lily Of The Valley         12.She Makes Me
6Now I'm Here.                13. In The Lap Of The Gods..
7. In The Lap Of The Gods
 

クィーンの3作目。
2作目とは打って変わって単一の曲で構成されているRock色の濃いアルバムで,
1曲目のBrighton Rock6曲目のNowI'mHereはノリノリのハードな曲で、hirokoのお気に入り。これを聞いてロックバンドをやりたい!ドラムもいいなぁ。と痛切にあこがれたものである。
 

*YES*
Fragile
1.Roundabout                           6.Long Distance Runaround
2. Cans And Brahms                  7The Fish (Shindleria Praematurus)
3. We Have Heaven                   8Mood For A Day
4. South Side Of The Sky          9.Heart Of The Sunrise
5.Five Per Cent For Nothing
 

「こわれもの」・・・日本名タイトルに訳さないで欲しかった。
プログレROCKの全盛期に大ヒットを飛ばしたアルバムの1つ。
 

*YES*
Close To The Edge
 I: The Solid Time Of Change/II:Total Mass Retain/III: I Get Up I Get Down/IV:..
 2. And You And I; I: Cord Of Life/II: Eclipse/III:The Preacher The Teacher/IV: Apocalypse
 3. Siberian Khatru
 

「危機」
プログレ・ファンならではの名盤の1つ。
だが、1曲が延々と長いので、クラシック的な要素がある。とにかくイエスと言えばジョン・アンダーソンの超人的なハイキーなヴォーカルが光っている。
 
 
 

*Enerson,Lake&Palmer*
Picture of Exibition
1.Promenade               7.Promenade
2.The Gnome              8.The Hut Of Baba Yaga
3.Promenade               9.The Curse Of Baba Yaga
4.The Sage                 10The Hut Of Baba Yaga
5.The Old Castle         11. The Great Gates Of Kiev. The End
6.Blues Variation         12. Nutrocker
 

エマーソン、レイク&パーマーの「展覧会の絵」。
キーボード、ベース、ドラムの3人の超パワフルで完成度の高いアルバム。
プログレッシブ・rockの走りだ。
ムソルグスキーの元曲をアレンジしたものだが、元来クラシック音楽が好きだったせいもあってか、このテの超大作はhirokoのお気に入りである。
 
 
 

*Granfunkrailroad*
Cadght In The Act
1.Introduction/Foot Stompin' Music        8.Black Lucorice
2.Rock & Roll                                        9.The Railroad
3.Closer To Home                                10.We're An American Band
4.Heartbreaker                                     11.T.N.U.C.
5.Some Kind Of Wonderfu                     12.lInside Looking Out
6.Shinin' On                                        13.Gimme Shelter
7.The Loco-Motion
 

3人組のグランドファンクレイルロードは日本でも大流行したバンドだ。
ロコモーションのリバイバル・バージョンは格好いいし、アメリカン・バンドはカウベルの音の響きがステキな最高のノリノリの曲。
hirokoはこの曲をドラムコピーしたのだが、カウベルが欲しかった。
だけど金がないので諦めた。
 
 
 
 

*The Deep Perple*
Made In Japan
1.Highway Star                  5.Strange Kind Of Woman
2. Child In Time                 6. Lazy
3.Smoke On The Water.     7.Space Truckin'
4.The Mule
 

まぁ、このアルバムほど、当時のrock少年、少女達の間でポピュラーなものはないのでは?
どこを見まわしても、ギター少年はパープルを弾いていたような気がする。
タイトなリズムに覚えやすいメロディー。コピーしない道理もなかろう。
hirokoもスモーク・オンザ・ウォーターやスペース・トラキインなどの曲をドラムの練習曲にしていた。
 
 

*The Rainbow*
Man On The Silver Mountain
1.Man On The Silver Mountain            6.The Temple Of The King
2 Self Portrait.                                 7. If You Don't Like Rock '
3.Black Sheep Of The Family              8Sixteenth-Century GreensleevesN' Roll
4.Catch The Rainbow                         9.Still I'm Sad
5.Snake Charmer
 

LSDのレパートリーに「銀嶺の覇者」が選ばれた。
ロニー・ジェイムス・ディオのコテコテのパワフルなヴォーカル、今は亡きコージーパウエルの格好いいドラムにしびれまくっていた。
 
 

*Boston*
More Than A Feeling
1.More Than A Feeling           5.Smokin'
2. Peace Of Mind                   6.Hitch A Ride
3. Foreplay/Long Time           7.Something About You
4. Rock & Roll Band                8. Let Me Take You Home Tonight
 

これがラジオで流れた時にはブっ飛んだ。
「幻想飛行」のタイトル通り、頭の上に大きな異次元の世界が広がっていくような感覚を覚えたものだ。
当時にしたら、このテクノロジーを駆使したギターやシンセサイザーが見事に光っている。ハーモニーも抜群でリズムも格好いいアルバム。
 
 

*Boston*
Don't Look Back
1.Don't Look Back            5. Feelin' Satified
2.The Journey                 6. Party
3.  It's Easy                     7. Used To Bad News
4. A Man I'll Never Be       8.Don't Be Afraid

ボストンの2作目。
1作目の延長線上にあるって感じの作品。
このギターのフレーズをことさら日本のミュージシャン達はマネしていた時期だった。
Don't Look Back のメロディアスでハーモニーの美しさに惹かれていた。
 
 
 
 

*CCR*
Bayou Country
1.Born On A Bayou                 5.Penthouse Pauper
2. Bootleg                              6.Proud Mary
3.Graveyard Train                   7. Keep On Chooglin'
4.Good Golly Miss Molly
 

大学へ入学し、ようやくROCKが出来るぞ!と張りきってサークルに加入した。
目指すは男顔負けの女性ROCKバンドだ。
だが・・集まったメンバーは全くバンド歴もインスツルメント歴もないド素人。だがやる気だけは備えていた。
hirokoにはギター歴があったので、当然ギターと思いきや、ドラムが誰もいなかったので、急遽hirokoはドラマーとしてズブのド素人からの出発となる。
さぁて、練習曲を選ばねばと選曲するが、エアロスミスなんかの自分のテクを省みない超ハードな曲ばかり。。。
たまりかねた先輩がLSDの為に選んだ曲はCCRの「プラウドメアリー」だった。
「こーんなおっさんバンド嫌やぁー!」とボヤきながら、ジャジャッジャァーンと練習をした。
LSDのデビュー曲だった。懐かしいなァ・・・・
 
 

*Aerosmith*
Aerosmith
1.Make It                  5.Mama Kin
2. Somebody             6. Write Me
3.Dream On              7.Movin' Out
4.One Way Street     8Walkin' The Dog.
 

エアロスミスのデビューアルバム。
ストーンズのミックジャガーを思い出させるスティーヴン・タイラーのクネクネヴォーカル。
こいつらが出たときにはアメリカのRストーンズとのキャッチフレーズだった。
ドリーム・オンは幻想的で少々ドラッグの香りがする。ママキン、Make Itがお気に入りだった。
 
 
 
 

*Kiss*
Crazy Crazy Nights
1.Crazy Crazy Nights                   7.When Your Walls Come Down
2. I'll Fight Hell To Hold You         8.Reason To Live
3.Bang Bang You                         9. Good Girl Gone Bad
4. No, No, No                             10.Turn On The Night
5.Hell Or High Water                   11. Thief In The Night
6.My Way
 

KISSが世に現れた当時は世間をあっと驚かせた。
何せあのfaceメーキングである。
hirokoはKISSがお気に入りだった。音楽的にどうこう、テクニックがどうこうなんてものはない。
ただただノリがいい。ROCKに必要不可欠なノリは最高だ。
 
 

*Black Babbath*
Sabbath, Bloody Sabbath
1.Sabbath, Bloody Sabbath            5. Killing Yourself To Live
2.A National Acrobat                   6.Who Are You?
3. Fluff                                      7. Looking For Today
4. Sabbra Cadabra                       8. Spiral Architect
 

ブラック・サバスの「血まみれの安息日」
ズジャジャジャジャーンズジャジャジャジャーン!とドラムが格好いい。
オジー・オズボーンの独特のキーの高いヴォーカルが光る。じめぇーっとした暗さをもつヘビメタ。
LSDのレパートリーの1つだった。
 

*Neil Young*
After The Gold Rush
1.Tell Me Why                                   7.Don't Let It Bring You Down
2.After The Gold Rush                       8.Birds
3.Only Love Can Break Your Heart      9. When You Dance You Can Really Love
4.Southern Man                                10. I Believe In You
5.Till The Morning Comes                  11.Cripple Creek Ferry
6. Oh, Lonesome Me
 

hirokoにとっては最高のアルバム。
ニールヤングの「アフター・ザゴールド・ラッシュ」。
Tell Me Why がお気に入りで、ややちゃんとカン君とみどろちゃんの3人で、即席バンド「やかんみどろ」で歌った曲だ。
 
 
 

*Jackson Browne*
Running On Empty
1.Running On Empty                 6.Shaky Town
2.The Road                              7.Love Needs A Heart
3.Rosie                                   8. Nothing But Time
4.You Love The Thunder          9.The Load-Out
5. Cocaine                              10. Stay
 

ジャクソン・ブラウンのアルバムの中でhirokoのお気に入りのアルバムがこれ。
Running On Empty そして、特にStayが好きだった。
 
 
 

*Fleetwoodmac*
Rumors
1.Second Hand News               7. The Chain
2.Dreams                               8.You Make Loving Fun
3.Never Going Back Again        9I Don't Want To Know
4.Don't Stop                         10Oh Daddy
5Go Your Own Way.               11 Gold Dust Woman
6.Songbird

フリートウッドマックは息の長いバンドである。
数々のアルバムを出しているが、女性ヴォーカルを加えた頃のこの「噂」は取っておきの名盤だ。
スティーヴィィー・ニックスの独特の声は誰も真似できない。
 
 
 
 

*Joe Walsh*
Joe Walsh
Disc1Disc2
1.Tuning, Part1                  1.Welcome To The Club
2.Take  Funk #48               2.All Night Laundry Mat Blues
3.A Look Around                3. Country Fair
4.The Bomber                    4.Help Me Thur The Night
5.Tend my Garden               5.Life's Been Good
6.Funk #49                        6.Over And Over
7.Ashes, The Rain & I          7. All Night Long
8.Walk Away                       8 A Life Of Illusion
9.It's All The Same             9.Theme From The Island Weirdos
10. Midnight Man               10.I Can Play That Rock & Roll
11. Here We Go                 11.I.L.B.T.'s
12.Midnight Visitor             12. Space Age Whiz Kids
13.Mother Says                 13Rosewood Bitters
14. Turn To Stone             14.Shut Up
15. Comin' Down                15.Decades
16.Meadows                       16.Song For A Dying Planet
17.Rocky Mountain Way      17. Ordinary Average Guy
 

イーグルスのメンバー、ジョー・ウォルシュのソロアルバム。
メンバー中で一番rock魂を持ち合わせる彼のソロではそのハードな曲が目立つ。
ノリ抜群のリズムと独特のヴォーカル。TurnとStone はしびれる曲。Life's Been Goodでボコーダを使って一躍ブームを作り上げた。
 
 
 

*The Foreighner*
The Best Of Foreighner
1.Cold As Ice                            6.Urgent
2.Double Vision                         7.Dirty White Boy
3.Head Games                           8.Juke Box Hero
4. Waiting For A Girl Like You     9.Long, Long Way From Home
5.Feels Like The First Time       10 Hot Blooded
 

これと言った個性には乏しいバンドだが、覚えやすいメロディーとノリの良さで当時は流行っていたバンドだ。
「Hot Blooded」 「Head Games」「 Urgent」はお気に入りでよく聞いていた。
 
 

*Aretha Franklin*
Who's Zoomin' Who
1.Freeway Of Love                               6.Until You Say You Love Me
2.Another Night                                   7.Ain't Nobody Ever Loved You
3.Sweet Bitter Love                             8.Push
4. Who's Zoomin' Who                           9.Integrity
5.Sisters Are Doin' It For Themselves
 

アレサ・フランクリンのLPを友達から借りてレコード針を卸した瞬間ぶっ飛んだ。
すんげぇーヴォーカルだぁ!
 Who's Zoomin' Who  がお気に入り。
 
 

*Chicago*
Chicago Best
1.25 Or 6 To 4                                                7 Make Me Smile
2. Does Anybody Really Know What Time It Is?    8.Wishing You Were Here
3.Colour My World                                           9.Call On Me
4.Just You 'n' Me                                           10.(I've Been) Searchin' So Long
5.Saturday In The Park                                    11.Beginnings
6.Feelin' Stronger Every Day
 

友達のお兄ちゃんからシカゴを借りて聞いたのが中学生の時。
ラッパ系統が入っていて、当時のhirokoにしたら、何か大人の音楽って感じがした。
25 Or 6 To 4   Saturday In The Parkのジャズっぽい音が当時は新鮮に聞こえた。
 
 

.
*Heart*
  Dreamboat Annie
1.Magic Man                                     6. White Lightning & Wine
2.Dreamboat Annie (Fantasy Child)      7.(Love Me Like Music) I'll Be Your Song
3. Crazy On You                               8.Sing Child
4.Soul Of The Sea                            9.How Deep It Goes
5.Dreamboat Annie                          10.Dreamboat Annie (Reprise)
 

ナンシー&アンの美人姉妹がヴォーカルのrockバンド。
始めてMagic Man を聞いたとき、長い曲だけど、格好いいなぁ・・・だった。LSDでもハートの曲「バラクーダ」をレパートリーに加えた。
 

*Dave Mason*
Let it Flow
1.So High (Rock Me Baby And Roll Me Away)         6.Let It Go, Let It Flow
2.We Just Disagree                                            7.Then Seasons
3.Mystic Traveller                                              8It's Alright
4.Spend Your Life With Me                                  9.You Just Have To Wait Now
5.Takin' The Time To Find                                 10What Do We Got Here?
 

デイブ・メイソンの「SoHigh」は当時流行った曲。
とにかくめちゃくちゃハッピーな時にはこいつが聞きたくなる。
メロディアスでハーモニーがGOODなアルバム。
 
 

*Scorpions*
BLACKOUT
1.Blackout                           6.Dynamite
2.Can't Live Without You      7.Arizona
3.No One Like You               8.China White
4.You Give Me All I Need       9.When The Smoke Is Going Down
5.Now!

ドイツのハードロックバンドのスコ-ピオンズ。
ギンギンの超ハードrockだ。
毎日聞くとしんどいが、たまにクレイジーになりたい時にはいい。
Arizonaはアメリカンっぽくって聞きやすいし、このアルバムは比較的やさしいROCKかな?
 
 
 

*Crosby,Stills,Nash&Young*
Crosby,Stills,Nash&Young
1.Carry On                     6. Deja Vu
2Teach Your Children.    7.Our House
3.Almost Cut My Hair      8. 4 + 20
4. Helpless                     9.Country Girl: Whiskey Boot Hill/Down, Down, Down/Country Girl (I Think You're Pretty)
5. Woodstock                10. Everybody I Love You
 

クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング。
このバンドはhirokoの胸に根強く残るバンドだ。
4人の強烈な個性が1つのバンドとして花開いた。抜群のハ−モニーが光っている。
Teach Your Childrenは映画「小さな恋のメロディー」のエンディングに使われた曲。
Carry On はとっておきのお気に入りだった。
Our Houseは大学時代のアコースティックバンド「オレンジエード」でスミちゃんと歌った曲。彼女元気にしてるのかなぁ。。。
 
 
 

*Dan Forgelberg*
The Innocent Age
Disc1                                                                 Disc2
1.Nexus                                                              1.Stolen Moments
2.The Innocent Age                                             2.The Lion's Share
3. The Sand And The Foam                                   3.Only The Heart May Know
4.In The Passage                                                 4.The Reach
5.Lost In The Sun                                                5.Aireshire Lament
6.Run For The Roses                                           6.Times Like These
7.Leader Of The Band/ Washington Post March      7.Hard To Say.
8.Same Old Lang Syne                                          8 Empty Cages
                                                                         9. Ghosts
ダン・フォーゲルバーグはウエコトコーストのミュージシャンの中でもちょいと変わった存在だった。
一切のメディアを嫌ってロッキーマウンテンへ山篭りして農場生活を営んでいる。
何だか「喜太郎」に似ている・・・いや奴が真似したのだ。素朴な歌詞と優しい歌声がステキだった。
この2枚組みのアルバムはBESTではないが、彼の魅力が充分詰まったアルバムである。
 
 

*Eagles*
The Best Of Eagles
1.Take It Easy           6.One Of These Nights
2. Witchy Woman      7.Tequila Sunrise
3.Lyin' Eyes              8.Take It To The Limit
4.Already Gone         9. Peaceful, Easy Feeling
5.Desperado            10.Best Of My Love
 

ウエストコースト・サウンドが大流行し、サーフィン・ブームが広がった。
学内には波にのったこともない「乗らずのサーファー」達であふれる中、サウンドの方も軽くて太陽サンサンをイメージさせるアメリカの西海岸発信の音楽が流行っていた。
その中の代表バンドがイーグルスだ。
クラシックとハードRockがベースになっているhirokoの好みが一転し、ハーモニーの美しいウエストコースとサウンドのとりこになった。
特にイーグルスはよく聞いていたし、サークルの中のバンド「写楽」で、バックボーカルとして参加していた。
「One Of These night」「Lyin' Eyes」「Take It To The Limit」どれも素晴らしい曲だ。
 
 
 

*TOTO*
TOTO
1. Child's Anthem                7.Takin' It Back
2.I'll Supply The Love           8.Rockmaker
3.Georgy Porgy                   9.Hold The Line
4.Manuela Run                  10.Angela
5.You Are The Flower
6.Girl Goodbye

TOTOの登場もセンセーショナルだった。
メンバーがそれぞれスタジオミュージシャンときているから、そのサウンドは完璧。
コンサートにも何度か足を運んだが、その完成度はレコード盤そのもの。
ポーカロ兄弟がお気に入りで、特にhirokoはドラムをやっていたせいで、ジェフポーカロの歯切れの良いタイトなドラムにしびれていた。I'll Supply The Love Hold The Lineは良く聞きこんだ。
 
 
 

*Doobie Brothers*
Best Of Doobie Brothers
1.China Grove'                           7Jesus Is Just Alright
2. Long Train Runnin                   8.It Keeps You Runnin'
3.Takin' It To The Streets           9. South City Midnight Lady
4.Listen To The Music               10.Take Me In Your Arms (Rock Me A Little While)
5.Black Water                            11 Without You
6.Rockin' Down The Highway
 

ドゥービーブラザーズは今でも時折聞いている。
当時はコーピーするバンドが多かった。何せ初期の彼らのサウンドはノリノリの曲が多い。
マイケル・,マグドナルドが加入してからアダルトっぽくなり、ファンは2手に分かれた。
hirokoは初期のノリノリサウンドがいい。
China Grove' Listen To The Musicが大好きだった。
 
 



 
 

*サディスティック・ミカ・バンド*
黒船
1.墨絵の国へ            7.よろしくどうぞ
2.何かが海をやってくる     8.どんたく
3.タイムマシンにおねがい    9.四季頌歌
4.黒船(嘉永6年6月2日)   10.塀までひとっとび
5.黒船(嘉永6年6月3日)   11.颱風歌
6.黒船(嘉永6年6月4日)   12.さよなら

こいつはよく出来たアルバムだ。
タイムマシンにおねがいは格好いいノリの曲でいろんなバンドがコピーしていた。勿論LSDも練習した曲。
どんたくは村祭りって感じの軽快な曲。
当時の日本のrockアルバムとしては群を抜いた完成度のアルバムだろう。